妊娠線を予防したい!【お腹や足のストレッチマークを防ぐには】

MENU

妊娠線予防は早めのケアが大切

妊娠線予防を考えたとき、あなたはどの時期から開始するのが正解だと思いますか?

安定期に入ってからの5ヶ月目以降でしょうか?臨月に入る直前の8ヶ月目、9ヶ月目でしょうか?

 

一般的には妊娠線予防を開始するのはつわりが終了した4ヶ月目あたりが望ましいと言う風に言われています。しかし、実際には4ヶ月目になって妊娠線予防を開始した方でも妊娠線が出来てしまうこともあります。
妊娠線予防に早すぎと言う言葉はありません。
一日でも早く予防を始めて、お腹や足にストレッチマークができないようにしましょう!

 

妊娠線予防には何を使ったらいいの?

妊娠線予防の為の商品には「妊娠線クリーム」「妊娠線予防オイル」「妊娠線予防ローション」など、様々なものを用いることができます。しかし、これらの中でどのアイテムを使って妊娠線予防を行ったらいいのかわからないと言うのが本音ではないでしょうか?

 

妊娠線予防に使われることがあるこれらのアイテムにはそれぞれ特徴があるので、しっかりと特徴を押さえた上でどのアイテムを使ったら効果的に妊娠線予防が出来るかをしっかりと確認しておきましょう。

 

妊娠線予防に使うおすすめ商品はどれ?

妊娠線予防で良く使用される商品には「クリームタイプ」と「オイルタイプ」と「ローションタイプ」のものが存在します。これらの3種類の商品にはそれぞれ異なる特徴があるので、ここではその特徴を確認していきましょう。

 

クリームタイプの妊娠線予防商品と特徴

クリームは水分と油分をあわせて製造されたものとなっています。そのた為、クリームに配合されている美容成分や妊娠線予防に有効な成分がしっかりと肌に浸透されるだけでなく、肌の水分補給ができます。
さらには油分が含まれていることで補給した水分を外に逃がすことがありませんので、クリームタイプの妊娠線予防商品は肌を乾燥させる心配がなく、効率よく妊娠線予防が行えると言えます。

 

オイルタイプの妊娠線予防商品の特徴

現在では肌の再生機能を高めるオイルなど様々な種類のオイルが出ていますが、オイルは100%油分でできています。油分は肌の内部に浸透しても、肌の水分補給を行うことはできません。なので、オイルを乾燥した肌に塗っても肌の乾燥を無くすことはできないんです。お風呂上がりなどの肌がしっかりと水分を蓄えている状態で使用する場合だと水分を逃がさないバリアをしっかりと張ってくれるので、オイルは有効な手段ですが、朝起きたときなどに使用しても予防効果を得ることは難しい商品となっています。
また、オイルは独特のテクスチャーなので好みが分かれる場合もあります。今までオイルを愛用してきた方なら黄にならないかも知れませんが、初めて使用する方にはおすすめできません。

 

ローションタイプの妊娠線予防商品の特徴

ローションタイプの妊娠線予防商品は肌への浸透がもっとも効率よく行われる商品です。ローション=水分となっていますので、肌の水分補給ならローションタイプのものを選ぶのが適していると言えます。
しかし、ローションを使用してその後のケアを怠った場合、肌からどんどん水分が蒸発してしまうのでローションを使う前より乾燥した状態を招くことになります。
ローションを使用する方はローションとオイルの併用をおすすめします。

 

おすすめの妊娠線予防方法

お腹や足に妊娠線を作らない為のおすすめの妊娠線予防方法は「妊娠線クリーム」を使用した予防方法です。
先に紹介しましたが、オイルやローションでは水分補給しかできなかったり、水分補給ができなかったり極端な予防効果しか得られないからです。
併用して効果を高めたとしても、そのときには妊娠線クリームを使用した以上のコストがかかってしまいます。バランスよく効果的に妊娠線予防が出来るアイテムとして、おすすめできるアイテムは妊娠線クリームです。

 

妊娠線予防クリームを選ぶポイントはこれ!

有効成分の有無

安い保湿クリームはいくらでもあります。ですが妊娠線予防に必要なのは保湿だけではありません。肌の成長と質を上げる効果のあるものをしっかりと選びましょう。

使い心地や香りもチェック!

妊娠線予防クリームを使う時期はつわりの時期とかぶります。つわりの時期に香りのきついものや使い心地の悪いものは使うのも嫌になってしまいます。口コミや評判をしっかりとチェックしておきましょう。

添加物の有無

赤ちゃんや母体に影響の出てしまうって一番不安な点ですよね。どこで作られているかわからないよくない化学物質が配合されているようなものは絶対に避けましょう。安心して使えるものが一番です。

妊娠線の防ぎ方!お腹や足にも使える妊娠線予防クリームはコレ!

 

妊娠線を予防したい!【お腹や足のストレッチマークを防ぐには】

ベルタのこだわり

・シラノール誘導体
・プラセンタ 
・スーパーヒアルロン酸 
・マリンコラーゲン
・アミノ酸       
・葉酸   
・ビタミン5種       
・お客様サポート      

今最も注目されているクリームです。妊娠線予防に海外でも多くの実績を誇る「シラノール誘導体」を配合。妊娠時に起こる肌トラブルに高い効果を発揮してくれます。この効果をしっかりと肌の奥底まで浸透させるため含まれているのがアミノ酸とビタミン5種。この効果で肌への浸透率が他のクリームとは段違い!また、高品質な美容成分3種と葉酸を配合することにより、肌の栄養を補給。細胞ひとつひとつを活性化させ、イキイキとした肌の成長を促してくれます。
妊娠線予防にこれ以上はないというくらいの効き目抜群の成分をたっぷり配合しています。それでいて無添加無香料なので赤ちゃんやお母さんにも優しいものとなっています。安心して使えて妊娠線予防に効くクリームはベルタだけ!

価格 容量 評価

通常6,980円

初回限定500円

約1か月分

 

 

日本で生産されているので安心
100人の女性の声から生まれた
べたつかず心地よい使用感

 

妊娠線を予防したい!【お腹や足のストレッチマークを防ぐには】

妊娠線を消す唯一のクリーム
新型ビタミンC誘導体で浸透率250倍
オーガニック成分で安心!

 

妊娠線を作らない為のワンポイントアドバイス!

妊娠線は、赤ちゃんが大きくなるに連れて膨らんでいくお腹に肌が引っ張られて、肌が耐え切れなくなって裂けてしまいできるものです。ということは、赤ちゃんの成長と共にお腹や足の肌も成長させていかなければならないんです。肌の成長の為に必要なことは、

・肌の細胞を活性化させること
・肌の保湿をしっかりとしておくこと
・肌をやわらかく保つこと
・腹巻などで肌の皮膚が引っ張られすぎないように
 サポートしておくこと

です。以上のことを行うだけで妊娠線予防の効果は大きくなるはずです。試してみてください。

 

妊娠線予防は妊娠線クリームだけでは足りない!

妊娠中は身体を赤ちゃんを産める状態に作り上げる必要があるので、ホルモン変化や内臓の形など、さまざまな身体の変化が起きます。そんななか、妊娠中のママの体はとっても妊娠線の出来やすい身体になってしまっていることを知っていますか?

 

もちろん肌は乾燥しやすくなり、妊娠線ができやすくなってしまいますし、妊娠線ができる皮膚そのものに血液が巡りにくくなり、肌に栄養を運ぶことができにくくなっています。この状態は妊娠線ができてしまう赤信号の状態だと思ってください。肌を保湿してやわらかくすることはもちろんですが、それ以外にも妊娠線予防の為に出来ることはたくさんあります。
ここではそんな妊娠線クリームにプラスして行っておきたい妊娠線予防方法をお伝えしていきます。

 

体重管理は最重要項目!

妊娠線が発生するきっかけを作るのはなんと言ってもお腹のふくらみです。体重増加を気にせず赤ちゃんの為だからといってたくさん食べ過ぎてしまうと、あっという間に太ってしまいます。
もちろん体重増加によってできる妊娠線はお腹だけにはとどまりません。足や胸。わきの下など、ひどいときには全身に妊娠線が出来てしまうことも。。。

 

体重は、気にしていなければ10キロや20キロは平気で増えてしまいます。その為、普段の食事量や栄養バランスを考えて、しっかりと管理することが重要になります。
理想の体重増加量は+8キロまでに留めておくこと。
急激な体重増加は産婦人科の先生に注意されるはずですし、妊娠線を作らない為にも食べすぎ、運動不足には十分気を付けましょう。

 

身体が動くようなら軽い運動をする

妊娠中は全身にうまく血液が回らないことも多くあります。そんな中で動くと疲れるからという理由で運動をしないと、皮膚にしっかりと栄養がいかずに皮膚がどんどん弱くなってしまいます。
弱くなった皮膚はお腹のふくらみに耐え切る体力を持ち合わせていませんので、簡単に妊娠線が出来てしまいます。

 

妊娠中のむくみ解消・便秘解消・体重管理・ストレス発散の為にもウォーキングなどの軽い運動を行って全身に血液を巡らせるようにしましょう。あまり実感は無いと思いますが、肌に栄養が行く会か行かないかは妊娠線発生を抑えるために重要なポイントです。

 

栄養バランスを偏らせない

妊娠中に食べ物の好みが大きく変化している方も多いと思います。私の母もそうでしたが、妊娠中は常に同じものを食べ続けていたといっていました。(母の場合は煮干の食べすぎで産婦人科の先生に塩分過多で怒られたそうです。)
偏った栄養バランスはお腹の赤ちゃんにも影響を与えますし、皮膚に送られる栄養にも影響を与えてしまいます。
しっかりと身体を作るたんぱく質・脂質・糖類を意識した食事に加え、野菜などからビタミン類やミネラル類を摂取することで肌に元気を与えることができ、妊娠線のできにくい肌に近づけることができます。

 

お風呂でマッサージをする

マッサージは血流を良くして肌の細胞を活性化させる効果があります。むやみやたらと力を入れてマッサージをしてしまうとかえってその刺激で妊娠線を発生させてしまう恐れがありますので、やさしくほぐすようなイメージでマッサージを行ってください。

 

妊娠線クリームを塗る際にマッサージを意識して塗るのも効果がありますよ。

 

妊娠線クリームはどこで販売してるの?

妊娠線クリームは西松屋などのベビー用品を購入する店舗で販売しています。
しかし、当サイトで紹介している高品質な妊娠線クリームは通販限定で販売されていることも多く、店舗で購入できない場合もあります。
妊娠線予防の人気・実績共に素晴らしい評価を受けているベルタマザークリームもそのうちの1つで店舗で探しても見つからない商品となっています。
妊娠線を作りたくないのであれば、コストだけに目を奪われないでしっかりと吟味して購入をしましょう!

 

ベルタマザークリームの販売店はこちらで詳しく紹介しています。
参考:ベルタ妊娠線クリーム 取扱店